爬虫類ショー〜怒りのチョコレートカフェ

風船

マイケルが行きたがっていた『爬虫類ショー』に行って来ました。これは入場を払って入ると、爬虫類を繁殖している人達が販売しているブースを回る事ができる形式でして。

黒いTシャツにタトゥーバリバリのイカつい人達が多かったなぁ〜〜〜。

赤ちゃんのへび、つるんとした可愛いカエル、砂漠に住むという可愛い動きをするイモリ?ヤモリ?などなど、私も爬虫類は嫌いではないので楽しめました。

賢はと言うと、亀には反応していましたが、そこまで興味は無かったようで、広い体育館を風船で遊びながら走り回っておりましたー。

チョコレート

賢がぐっすりと眠っている間に、私たちはご飯を食べて、更に移動してデザートまで行っちゃいました!

チョコレートで有名なお店『Max Brenner Chocolate』のカフェ!チョコレートそのものも、パッケージのデザインも可愛いのだ!

せっかくだから、デザートとコーヒーを注文しようと、マイケルが列に並んでくれました。待って待って、やっと注文できたと思ったら、レジの人に「団体の注文が入ったから30分掛かりますけど。」って冷たく言われたらしい。すみません・・・って態度はゼロ。

もうそこからマイケルの怒りがふつ・・ふつ・・・ふつ・・・しているのが分かってね。モクモクとiphoneをいじってるなぁ、と思ったら、社長に直接苦情のメールを書いていた・・・。

待つ事30分以上。マイケルの怒りが再びポーーーッ!沸騰ーーー!!

「どうしてケースの中に入ってるケーキをお皿に乗せるだけなのに、30分以上も掛かってるのか!?」と。「もう、自分で取りに行く!!」なんて言い出しまして。

まぁ、確かに、団体の客がいたのも分かるけど、そのオーダーも作りつつ、後からのお客さんのものも同時進行で捌いて行くべきだよなぁ、と。その柔軟性の無さは、何ともオーストラリアらしい。

私はこれに関しては別に怒りは沸かなかったわ。だって・・・超ウマだったんだもん!チョコレートスフレ!!待った甲斐があった〜〜!!

Share