久しぶりの公園で

ケンもあっという間に3年生になリまして。
スクールホリデー中に友達と一緒に久しぶりの公園に行って来ました。

ここは、ケンが赤ちゃんの時にプレグループで一緒だった友達と数え切れないくらいに通った公園。

色々な思いが蘇って、ジーンとしてしまいました。

シドニーに移り住んで、なかなか知り合いもできなかった毎日だったのだけれど、子供を通じて良い友達ができたなぁ・・・と。

この公園の近くに住んでいた友達がゴールドコーストに引っ越してしまったので、すっかりここにも来なくなっていました。

大きな公園でも、子供たち同士で遊んで楽しめるくらいに成長した事にも感慨深く。小さい頃にはみんなで後をくっついで歩いていましたからね・・・。色々な部分で成長を感じる今日この頃です。

Share

賢、8歳になりました。

またまたしばらく時間があいてしまいましたが、毎日元気に暮らしております。
日本にいる時があまりにも忙しくて、なかなか日記を書くという時間が取れなかったのですが、やはりシドニー時間はゆったり流れております・・・。

不思議ですよね。同じ24時間なのに。
仕事も忙しかったのですが、おそらく日本で暮らしている間は『責任』が重かったのもあったのかな・・・と。あれもしないといけない、これもしないといけない。私がやらなければいけない・・・。と。

その分、シドニーではマイケルが柱になってくれることが多いので、気持ちが楽なのかな・・・と。

ちょっと余裕が出たので、今まで撮りたまっていた写真を編集できたりと、シドニーに戻ってからの半年ばかりかなり充電できた気がします。

今日ふと思い立って、カメラ★ライフのサイトもシンプルに変えてみました。
左のメニューには、見づらいかとも思うのですが、過去の『つぶやき』へもリンクをはってあります。今から見ると、写真も文字が小さくて・・・。その当時はコンピューターのモニタも小さかったんですよね・・・。

10月11日に賢は無事に8歳になりました。
日曜日にはハロウィンをテーマにしたパーティを我が家で開いて、たくさんのお友達が来てくれました。本当に幸せなことだなと思います。

どんどん成長して行く我が息子を、ちゃんと撮っておきたい!と思い、誕生日当日にポートレートを撮影させてもらいました。

仕事用の一眼レフを持ち出したら、「それ??そんなちゃんとしたので撮るの〜〜〜??」なんて。普段いつもiPhoneでばかり撮ってるからね・・・。

20161013

すっかりお兄ちゃんになりましたな・・・。

Share

あさがおの絵

小学校の夏休みも終わり、普通の日々が帰ってきました。

とにかく旅行に行きまくった夏休みで、この奈良の家にはほとんどいなかった気が・・・。笑

私もたっぷりと実家で休ませてもらって、そのしわ寄せがガッツリ来て、ひーこら仕事をしている9月の始まりです。いや、お仕事があるという事は幸せなことです。

11917742_10207435857876264_6806117983640145489_n

宿題は1年生なので大したものはなく、夏休みの始まりにほぼ終わらせてしまっていたので、あとは奈良の家に置いていった『朝顔の絵』のみでした。

近所の友達が預かってくれるなんて言ってくれたのですが、学校から持って帰ってきた時にはすでに茶色いつるに種が付いているだけだったので、「帰ってきたら種の絵を描いて出させるわ〜。」と、置いていったのです。

8月31日に玄関先でサラサラと描き上がった絵を見て、色々と目からウロコでした。

すごくイイ!構図も色もイイ!ものっすごく抽象的だけど。私は好き。

こう見えてるんだなぁ。確かに、放置されていたのに、また綺麗な朝顔が2つくらい咲いていたけど満開だな。わさわさ生えてる緑の葉っぱは2枚だけなんだな。

これを先生がどう評価するかは分からないけど、学校から戻ってきたら額に入れて飾ろうと思っています。

ーーーーーーーーーーーー○

この一件で思い出した事がありました。

私は小さい頃から絵を描くのが好きな方だったと思うのですが、何かを『正確に』描く事が苦手だった気がします。

自由に描いて良いお年頃までは先生に褒められる事もあったのですが、中学校の美術が始まった頃から先生の評価がもらえなくなり、描く事が好きではなくなりました。

本当に好きだったら評価なんて関係なく描き続けたのかもしれないのですが。

高校に入った時に、静物画を描くお題があり、私は紫の布を敷いて、お皿に乗ったレモンを描く事にしました。

その絵を先生がとても褒めてくれて、「レモンのディテールが良く描けてる!」「布の紫の色もとてもきれい。」と、廊下に額装をして飾ってくれたのです。

でもね、その絵は、思いっきりレモンの載ったお皿が斜めになっていてね。バランスの悪い、宙に浮いたようなあり得ない構図だったのですよ。でも、そんなの関係ないって評価してもらえた事が本当に本当に嬉しくて、今でもたまに思い出すのです。

その後、また先生は変わり、私の美術の評価はイマイチなまま大学生になり。
チューリップのデッサンをした時も、すごくキレイに描けて、色なんかもバッチリでしょ!と提出したら、『葉っぱがあり得ない形をしている』と、C評価だったりして・・・。

そんなある日、空間デザインのプレゼンに使う資料で先生の一眼レフを使った撮影があり、恐らくとっても良いカメラとレンズだったのでしょう。そして、今から思えばライティングもしっかりしておいてくれたのでしょうね。覗いた時に見えた世界に衝撃を受け、おー!おーーー!!なんて言いながら撮って。

適当に粘土とクリップで作った模型(しかもその日に間に合わせで作った)が素晴らしく見える写真になってしまい、Aプラスの評価をもらったのです。

苦労して課題をこなしていた友人には詐欺だ!ズルい!とかなり非難されましたけど。わはは。

その時に、初めて『写真は私の人生を救う』と実感したのかもしれませんね。

程なくして、友人が部長をしていた写真部に勧誘してもらって、最初は父からもらったマニュアル一眼レフを使っていましたが、雑誌の懸賞で一眼レフが当たり、そこから更にガッツリのめり込み、そして、今がある訳です。

思い返して見ると、やはり今の自分を作っているのは、こうした小さな出来事の積み重ねなんだなぁ、と思ってしまいます。

そう思うと、小さな日常の出来事や何気ない一言でも、人の人生を左右するきっかけになってしまう事があり得る訳で。プラスにもマイナスにも。

特に大好きな息子に対しては気をつけないといけないなぁ、と思っています。

人と同じじゃなくて良いから、自分の感性を磨いて行って欲しいなぁ。
そして、いつか自分が得意で、そして人にも喜んでもらえるものを一つでも見つけてもらえたら!!

Share

お友達の家で

10494639_10206634664046919_1472314482671879913_n

なんだか5月も目の回るような忙しさ。それはとってもありがたいことであります。

今日も生駒の方のお宅でファミリーフォト撮影があったので、早朝お友達の家にケンを降ろし、ガッツリと撮影して来ました。

迎えに行くと、もうすでに一緒に食卓を囲んでお昼ご飯をいただいていました・・・。本当にありがたい限りです。

この家族は本当にアクティブで、家でじっとしていることなんて無いのです!もちろん今日も朝からテニスということで、ケンも体験レッスンとして連れて行ってもらいました。楽しかったようです。

このお家のママさんは、幼稚園に年長から入ってドキドキしている時に話しかけてくれたり、マイケルが一人で出席した幼稚園の集まりの際には大事なことをメモ書きにして渡してくれたり、私たちにとっては大切な恩人なのです。

子供達も面倒見が良くて、ケンはいつも家族の一員になったかのように遊ばせてもらています。

Share

ひいおばあちゃんへの手紙

11071048_10206621526758495_5077035785969851206_n

マイケルの101歳のおばあちゃんが亡くなりました。

本当にいつもニコニコ、何でも笑い飛ばしてしまうような明るさを持ったおばあちゃんでした。

私にも本当にいつも優しくしてくれて、中国語でたくさん話しかけてくれました。

通訳してもらわないと会話はできなかったけれど、誕生日や旧正月などの時に、ネットで調べて広東語でカードを書くと、いつも喜んでくれたことを思い出します。

マイケルのおばあちゃんだからということではなく、大好きな人で、いつも会えるのが楽しみだったので、本当に本当に寂しい・・・。

私たちが日本にいる間に逝ってしまい、残念でなりません。

マイケルだけが葬儀に出席するためにシドニーに戻りました。ケンはひいおばあちゃんに、サラサラと手紙を書いていて、何を書いたのかと思ったら、

げんきにかえってね
けんのこと うえからみてね
けんより

と書いていました。かえるのか・・・。人はどこかにかえるのかもしれないね。天国に?宇宙に?それとも土に?考えさせられました。

Share

公文までの道のり

10982467_10206558537823811_284334523263443998_n

公文までの道は車通りもあり、本人は一人で行けると言いますが、送り迎えはしたいのです。帰りは暗くもなるしね・・・。

まぁ、本当に小学校に入って急に成長したなぁ、というのは感じます。一人でやろう、という気持ちが急に芽生えて来た気がします。今まで「ママやって〜!」と言っていたことも、自分からすすんでやったり・・・。

公文もまぁまぁ順調に行っています。計算遊びが好きだったので始めたのですが、勉強する癖を付けたり、できるようになる喜びを知るという意味で、公文は良いのかもしれないな。3桁の筆算が終わって、掛け算をやっています。算数は日常生活に役に立つものなので、楽しく学んでくれると良いなぁ。

公文までの道のりも、寄り道をしながら楽しそうです。いろいろありながらも、基本的に毎日楽しそうで良いね。

Share

忍者スーツで甲賀へ

インフルエンザが流行中なため、賢の隣のクラスが学級閉鎖。
生活発表会の日も変更になったため、入れていた撮影の仕事もずらしてもらうことになってしまった・・・。

なんつーか、本当に子育てしながらの仕事というのは大変難しいな、と思うことがあります。
実家や頼れる人が近くにいる場合は、こういう急なスケジュール変更にも対応しやすいのかもしれませんが、預けることが無い=仕事ができない訳でして。

どうしても!という場合は、頼れるママ友もいるのでお願いすると思うのですが、申し訳ないので最後の切り札にしたいんですよね。
幼稚園というのは、週一回は午前中で終わってしまうし、何か行事があれば午前中で終わったり、休みになってしまったりするので、共働きは本当に厳しいです。

まぁ、そんなこんなで、急に賢の幼稚園がお休みになってしまったため、どこに連れて行こう・・・と考え、滋賀の甲賀へ行ってみることにしました。
もう以前に伊賀は十分楽しんで、うちの母親には全身忍者スーツを買い揃えてもらったので、それを家から着て出発!!

国道25号線をぶっ飛ばして、1時間半くらいで到着!!
関東で育った身としては、こんな風に滋賀県にもさくっと訪れることができる事が不思議というか、なんというか。まだ慣れなくて毎回感激してしまいます。

10996548_10205937261132282_8426236757630830032_n

今回訪れたのは、『甲賀の里 忍術村』
http://koka.ninpou.jp/

こじんまりしていて、アットホームな雰囲気。
スタッフのお兄さんは親切で、手裏剣投げも2枚サービスしてくれたり、からくり屋敷も貸切状態で色々と説明をしてくれました。

アスレチックは、雨で濡れていたし、とにかく寒くて寒くて仕方なかったので、これはもう暖かくなってからまた来よう!!と、帰ってきたのでした。笑

Share

たこ焼きパーティ

今日は幼稚園で『生活発表会』なるものがありました。いわゆるお遊戯会のようなものでしょうか。

年長さんの劇はピーターパン。
ケンに何の役をやるのか聞いてみると、「マイケルだよ。」とのこと。
・・・・マイケル・・・。そんな人出てたかい?調べてみると、ウェンディの弟なのね。
ピーターパンってストーリーをしっかり知らないわぁ。

しかし、ピーターパンやフック船長を狙わず、あえてそこに名乗りを上げるあたり、やはりマイナー路線なのだろうか。

さて、肝心の発表会ですが。
年少さんのお歌やお遊戯が本当に微笑ましくてね。
3年で子供っていうのはこうも変わるのかとびっくりさせられました。
体の大きさはもちろん、しっかりするもんなんだねぇ。

ピーターパンの劇は、クラスの子たちがみんなそれぞれ役をしっかりこなしており、まとまりのある劇でした。
役になりきっている子もいて、何か持って生まれたものがあるんだろうな、と。

ケンはやっぱりああいう舞台は恥ずかしいんだろうなぁ。ニヤけて真正面を見れないのよね。
あれさえなければもっと良いのになー。
でも、そんなことを本人に言ったら台無しなので、良いところを褒めて終了しようと思ったのでした。

560243_10205924144644378_5619048435318656101_n

今日は我が家にクラスの男の子たち数人を呼んでたこ焼きパーティ。
たこ焼き機も持参してもらって、二台体制で焼きまくってもらいました。
さすが、関西育ちの友人たちはたこ焼きの作り方も上手!!もうお任せして、私は食べまくる役に徹しました。笑

子供たちも、上へ行き下へ行きの大騒ぎで楽しそうに過ごしてくれたので良かったなぁ・・・。

年長さんの1年しかいないのであまり期待はしていなかったのに、こんなに素敵な人たちに会えて、本当に良かったよなぁ。

Share

ケアンズ旅行 11日目 シドニーへ

120630

今日はいよいよ母と姉とお別れをして、シドニーへ。

空港では何か緊急事態があったようで、空港のロビーにいる人達が全員外に出され、セキュリティーチェックをやり直すなんて事態に・・・。それはそれは長蛇の列で、全く動かず・・・。

賢はこういう時に、愚図ったりどこかに行ってしまったりするタイプではないので助かる・・・。ちゃんと状況を説明しておけば、じっと待ってくれるんだよな・・・。ありがたい。

もう搭乗時間ギリギリになってやっとロビーに入る事ができ、サンドイッチが食べたいというので、急いで購入して搭乗。

飛行機の中ではiPadで動画を見ながら、サンドイッチを食べていた・・・。なんなのその余裕。こなれ過ぎ。

Share